憧れのヘアスタイルも自由自在【薄毛対策を練って将来に備えよう】

笑顔の男性

薄くなった髪を取り戻そう

髪の毛

女性より男性が薄毛やハゲになりやすいのは、男性ホルモンが影響するからです。男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより抜け毛が多くなるのです。この受容体は、額や頭頂部に多く存在しそれでこの部分の抜け毛が目立つ人が多いのです。これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、体質や遺伝により起こり若い人にも多い病気です。進行が早く放置しておくと抜け毛はどんどん広がります。クリニックなどで治療できますが、人により効果があまりあらわれない人もいます。そのため植毛の専門クリニックに頼る人もたくさんいるのです。植毛には、人工の髪の毛を使う人工植毛と、自分の髪の毛を使う自毛植毛とがあります。

人工植毛は、ポリエステルやナイロンで出来た人工毛を頭皮に植え付け髪を増やす方法です。髪のボリュームは自在で好みの分量を植毛できます。自毛植毛より費用も抑えることが出来て施術も比較的簡単です。しかし、頭皮の免疫細胞が人工毛を異物として捉えるため抜け毛になりやすく、年に1回か2回のメンテナンスが必要になります。自毛植毛は、比較的抜けにくい側頭部や後頭部の髪の毛をハゲた部分に移植する方法です。この部分の毛根には、抜け毛の原因となる男性ホルモンの受容体がほとんどありません。そのため植毛すれば頭皮に定着して抜けにくい髪質になるのです。これは、いったん抜けても毛根が残っているのでまた生えてきます。しかし、広範囲に植毛するには何回かに分けて治療する必要があります。